お知らせ

穂っぷこども在宅&心身クリニック(医療型短期入所に対応、熊本県合志市)が開院しました

2022.6.5

 

2022年6月1日に認定NPO法人 NEXTEPの理事長で小児科医の島津智之先生が「穂っぷこども在宅&心身クリニック」(有床診療所、医療型短期入所に対応、熊本県合志市)を開院しました。

熊本日日新聞記事はこちら

 

言葉について解説します。「医療型短期入所」という言葉と「医療型特定短期入所」という言葉あります。違いをご存知でしょうか。

「医療型短期入所」・・・お泊りができるレスパイト施設

「医療型特定短期入所」・・・日帰りのレスパイト施設

という感じで、お泊りができるかどうかの違いです。

「医療型短期入所」は熊本県では主に重症心身障がい児入所施設や小児科のある総合病院の一部が行ってきました。「医療型特定短期入所」は熊本では緒方健一先生(おがた小児科内科)が作られた「かぼちゃんくらぶ」「はっぴーかぼちゃん」と後藤慶次先生(ひまわり在宅クリニック)が作られた「にこりんキッズ」があります。重症心身障がい児入所施設や総合病院ではなく、今回のような小規模の有床診療所でお泊りができる「医療型短期入所」を作ったことに大変意義があることと思います。

小児在宅医療支援センターも島津智之先生からの依頼を受け、5月14日に穂っぷこども在宅&心身クリニックにスタッフ5名でお伺いし12名の看護師の皆様に研修を行って開院に向けて協力いたしました。(写真参照)

熊本には緒方健一先生(おがた小児科内科)、島津智之先生(認定NPO法人 NEXTEP)が中心になって医療的ケア児支援を行ってきた長い歴史があります。私たち小児在宅医療支援センターは今後も緒方先生や島津先生と常に連携を取り情報共有しながら、熊本県医療的ケア児支援センターとして熊本県全体の医療的ケア児とその家族を支援してまいります。

 

文責

熊本大学病院小児在宅医療支援センター・熊本県医療的ケア児支援センター

副センター長 小篠史郎