講演会・実技講習会

開催予定

(2019年3月2日)シリーズセミナー 〜小児の在宅緩和ケア・在宅看取りを考える〜

  • 開催日時
    2019年03月02日
  • 開催場所
    熊本大学医学部附属病院内(医学総合研究棟3階講習室)

日時 2019年3月2日(土) 14時〜16時

開催名 小児在宅医療支援センター シリーズセミナー 〜小児の在宅緩和ケア・在宅看取りを考える〜

特別講演(60分) 「脳腫瘍発症から「在宅」までの道のり」 保護者の方から

詳細ポスターはこちら

申込方法 参加のみであれば事前申込不要。

こちらの申込みフォームから、3月1日までに事前申込された方には配布資料をご用意致します

 

小児在宅医療を受けている子どもたちやその家族の多くが心の痛み・体の痛みを抱えながら暮らしています。そうした子どもたち・家族を支援する立場にいる私たち医療者・福祉職などはそうした子どもたち・家族に何ができるのでしょうか。「小児の緩和ケア」の知識・スキルを持っていると、心の痛み・体の痛みを抱えながら暮らしている子どもたち・家族を支え、毎日を穏やかに過ごせるように支援することができるようになります。小児在宅医療に関わる上で「小児の緩和ケア」は大きなウェイトを占めます。

小児在宅医療支援センターでは3月2日(土)と3月23日(土)に〜小児の在宅緩和ケア・在宅看取りを考える〜というテーマで連続してセミナー・講演会を開催します。3月2日は子どもを在宅で看取った家族の立場から私たちにどのように関わってほしかったかをお話していただき、小児の緩和ケアについて参加者の皆様と一緒に考える会にしたいと思います。

(公開 2018年12月30日 最終更新日 2019年1月12日)